Color Of Fetters
破滅のワンルームアパートメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From Enslavement To Obliteration
DSC01636.jpg

これは、一年前、飼育開始当時のブラックスロートモニター“Tyrant”である。

全長30cm/体重80gのぴかぴかのベビーだ。

DSC01639.jpg

こんな可愛らしい顔をしているが、当初はもの凄く荒く(というか、そういう個体を選んでしまったようだ)、当たり前のように咬みつきかかってきたものだ。
鼻に喰いつかれた時は閉口した・・・




そして、現在。





DSCN4297.jpg

まあ、入らないだろう・・・

現在全長78cm/体重1000g。

DSCN4300.jpg

苦労の甲斐もあり、性格も穏やかに。誰にでも抱っこできるような子になってくれた。

こうして成長を目の当たりにしてみると、凄く嬉しくなる。
これぞ、飼い主冥利に尽きる、と。


また一年後もこの鍋で(笑)
記念写真を撮ろうと思います。




*一年前の写真のダメさについてはスルーでお願い致します。


スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Scream Bloody Gore!
DSCN4295.jpg

Bloody Crusaders!

DSCN4293.jpg

Diabolos!

DSCN4291.jpg

Inferno!

DSCN4292.jpg

Chaos!


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Without You
DSCN4207.jpg

みろん。

DSCN4204.jpg

DSCN4202.jpg

カミンギーはどちらかというと“悪顔”だと思うが、この子はマズルが短く、なんだか可愛らしい。
飼い主さんに似たんでしょうかね。



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Daddy Cruel
DSCN3930.jpg

ラフネックモニター“Ghoul”。
急成長を続け、かなりの変貌を遂げている。

DSCN4146.jpg

首のキール部分からの白抜けが進み背側の上部分まで広がっている。

DSCN4140.jpg

DSCN4150.jpg

そしてこのキール部分、突起は寝ずに、立ち上がっている。

DSCN3917.jpg

性格もだいぶ穏やかになった。
やはり良いモニターだ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Shining
DSCN3367.jpg

DSCN3362.jpg

DSCN3397.jpg

DSCN3388.jpg

DSCN3394.jpg

休日はのんびり・・・

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Sickening Bliss
DSCN3772.jpg

マラヤンブラッドパイソン“Inferno”。
新入りである。

DSCN3757.jpg

ブラッドパイソンでは特に高名な“VPI”ラインの美個体。
やはり、ネシアンFHモノとは一線を画している。

DSCN3756.jpg

マラヤンブラッドパイソンは、頭と尾先が黒ずむ個体がいる。
この個体もその例だが、頭はグレーシルバーで美しい。

DSCN3761.jpg

淡い黄土色ベースに、側面にオレンジが乗る。

DSCN3766.jpg

背面は、ストライプまでもう一息!といったところ。
線は独立しており、側面にはおどろおどろしい沸き上がる邪気のような模様がオレンジに映える。

DSCN3762.jpg

こんな顔だが、非常に大人しい♀個体だ。
よく 食べるので、成長も期待できそうだ。


残るピースは、

「Curtus Full-Black Phase」
「Brongersimai Black-Head/True Blood Red」

である。
今のところ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。