Color Of Fetters
破滅のワンルームアパートメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The International Tweexcore Underground!
DSCN3600.jpg

レッドテグー“Francis”。
うちのマスコットだ。

DSCN3602.jpg

DSCN3599.jpg

脱皮前で失礼。

DSCN3604.jpg

スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Human Waste
DSCN3585.jpg

この子のアップは久しぶり。
ブルーテグー“Envy”。

DSCN3591.jpg

よく食べる割にはあまり大きくならないな、と思っていたが、夏くらいから急に大きくなりだした。
体つきもベビーの頃と比べると随分ガッシリしてきた。

ブルーテグーの特長である“黒色の消失”。
やはり成長とともに進行している。
写真で確認していただけると思うが、頭版から前足にかけての背側に、より顕著に表れている。
鼻先と眼周辺の黒色は消えないので、これから更に目立っていくことだろう。

DSCN3592.jpg

写真では“微妙な青さ”を伝えることが非常に難しいが、それでも美しいテグーだ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Filthy Little Secret
「アオジタは登る」






DSCN3693.jpg
 
DSCN3698.jpg




事実である。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Breathing
DSCN3422.jpg

DSCN2843.jpg

餌食い、成長ともに落ちる様子を一切見せない、キューバボア“Grudge”。
オマエは一体どこまでいくんだ?

DSCN3411.jpg

特に太さの出かたは、「スレンダーボア」という名を鼻で笑いたくなるほどである。
2m手前で既に僕の前腕ほどの太さはある。

DSCN3292.jpg

カガヤキボア。
性格は相変わらずおっとり、ゆっくり。
ボアコンストリクター並の素晴らしい“抱き蛇”だ。

DSCN3297.jpg

この子は、かなり自慢になりつつある。
絶対に、抱いた人に「素晴らしい。飼いたい。」と思わせる自信があるくらいだ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Milk & Honey
DSCN3341.jpg

ラフネックモニター、“Ghoul”。

DSCN3329.jpg

この種の最大の特徴である首の突起も、猛禽類のような頭部も、最近より発達してきているように思える。
本当によく食べ、成長している。

DSCN3319.jpg

まだまだ僕への警戒心はとれないが、これからだ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。