Color Of Fetters
破滅のワンルームアパートメント。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
,,,& One Of Us Must Go
現在、一番の問題児。

DSCN2723.jpg

サルファウォーターモニター“Liberty”。

DSCN2715.jpg

ハンドリングは全然させてくれるのだが・・・

問題は、餌食いが良くないことと、「頭を使って」脱走すること。

マウスを顔の前に持っていっても反応すらしない。
ハンドリング中に食べさせている。まるで赤子だ。

そして後者がとにかく厄介。
一瞬の隙をついて脱出、猛スピードで何らかの隙間に逃げ込む。
バタついているフリをしてケージを開けたら確実に狙って出ようとする。
ハンドリング中に給餌している時、ようやく食べたと思い安心して手の力を抜くと、餌を吐き捨て瞬時に脱出。

そして、手荒に捕獲すると、もれなく振り向き咬み。プラス糞尿撒き散らし。

DSCN2714.jpg

いい度胸じゃないか・・・


ゆっくり時間をかけて馴らしていこうと思う。
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Rainy Day And Day
DSCN2610.jpg

緑の子。

DSCN2613.jpg

赤の子。

優しい母の愛情を受け、すくすく育っているとても良い子達。

イグアナは、イグアナだ。
他の何者でもない。
魅力も、何もかも。




Model:TABOO(Green)
ZION(Red)


協力:Queen-Bee様



テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Trash
DSCN2551.jpg

ダイヤモンドカーペットパイソン。
至高のオーストラリアンモレリア。

RSCN2561.jpg

この個体はまだそれほど大きくはないが、モレリア種がアダルトになった時のいわゆる「厳つい」顔を十分に持っていると感じる。幅もあるため、マズルも短く感じる。
この種の顔つきは、やはり魅力的。

DSCN2553.jpg

なかなか手に入るものではないが、こいつを眺めながら酒をあおってみたい。

DSCN2552.jpg

楽しい夜になりそうだ。



協力:YOKOSUKA“Maniac”様


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Killers Are Quiet...
先日、知人の家に遊びに行き、飼育個体の写真を撮らせていただいた。
あまりに素晴らしい個体たちに、ただ、息を呑むばかりだった。
もう、言葉はいらない。
雑だが、一瞬一瞬を撮れた。
御覧あれ!

DSCN2460.jpg

レッドトップマツカサトカゲ。

DSCN2533.jpg

RSCN2544.jpg

イースタンウォータードラゴン♂♀。

DSCN2480.jpg

DSCN2473.jpg

レッドテグー(背側が白く、腹側が赤い。明らかに、何かおかしい。成長が楽しみな女の子)。

DSCN2447.jpg

DSCN2444.jpg

ウォマ。


DSCN2488.jpg

DSCN2490.jpg

RSCN2546.jpg

ブラックヘッドパイソン。巨大。

DSCN2500.jpg

DSCN2508.jpg

スーパータイガーレティック“ふくちゃん”。

DSCN2528.jpg

RSCN2527.jpg

アルビノタイガーレティック“みなごろー”。



紹介しきれないが、これで一部である。
なんといってもこれだけの数がいて、皆状態が良い。
レティックもとても大人しい。
感銘を受けた。

本当に素晴らしい体験でした、ありがとうございました。




協力:Carnageangel様

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

As You Are


DSCN2436.jpg


DSCN2441.jpg




枕を返して欲しい・・・


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

No Love Lost
DSCN2267.jpg

キューバボア“Grudge”。

レインボーボア界の異端児。
個人的には大好きだ。

DSCN2260.jpg

体色は地味ではあるが、妖しげな網目模様、レインボー系のギラつき・・・
なんとも美しいと思うのだが・・・

飼育していても、文句のつけどころがない。
餌食い抜群、消化も早い、ハンドリング完璧。
そして最大4mオーバーの記録。

でも・・・

本当に人気がない。



わからん・・・


現在全長160cm、1.8kg。
♀個体。
いくぞ、巨大化。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Read Between The Line
DSCN2416.jpg

“ブルータン・ルーム”。
我が家で最も時間がゆったり流れている空間である。


この子達は性格が多種多様で、本当に面白い。
ご紹介しよう。


DSCN2422.jpg

ノーザンブルータン“ポゴ”。
この子は、人を好いている気がする。
ケージを開ければ必ず顔を上げ、寄って来る。
ハンドリングされるのが好きなのかと、勘違いしてしまうほどだ。

DSCN2421.jpg

ニューギニアブルータン“アンドレ”。
この子は、顔が最高だ。
こんなに悪いアオジタもそうそういないだろう。
唯一のWC。とても落ち着いていて、いつも他の子たちの遊ぶ姿を見守っている。
喧嘩は最強。巨大。

DSCN2426.jpg

ノーザンブルータン・キャラメルハイポ“メグ”。
この子は、無邪気だ。
いつも遊んでいる。歳も幼い。
基本、動くのが早い。
マズルが短く、強烈に可愛らしい顔をしている。
どんどん色が抜けていっている。
ペット爬虫類コンテストで入賞経験あり。

DSCN0656.jpg

爬虫類飼育の楽しさを一番最初に教えてくれたアオジタトカゲ。
今でこそ大型種しか飼育しない僕だが、この子達はずっとそばにいてほしいのだ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

FRANCIS x Waps
DSCN2390o.jpg

先日、レッドテグーのフランシスを連れ、ボア・パイソン専門店“Waps”に行ってきた。

DSCN2400.jpg

闊歩中。

DSCN2382.jpg

奥の巨大施設には4mオーバーのバーミーズパイソン“スリッパ”が・・・



いつもフラフラと立ち寄ってしまう・・・確実に週1のペースで通っているお店である(特に用もなく)。
正直、こんなに“居心地のよい”爬虫類ショップはないと思っている。ここに通っているお客さんは、みんな仲良しになってしまうのだ。
決して広くはない店内にはいつも、馴染みの顔、ご新規さんでいっぱい。
みんな笑顔である。
オーナーさんがとにかく良い方で、色々勉強させていただき、仲良くもさせていただいている。
蛇にほとんど関心のなかった僕をここまでディープに引きずり込んだのも、この方だ。


DSCN2404.jpg


ひとしきり散歩して、お客さんにもオーナーさんにも相手してもらえたフランシスは、良い子にソファで寝て待っていてくれた。
この子も、本当に良い子だ・・・


次回は、誰を連れて行こうかな。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Going Under
DSCN2353.jpg


ミンダナオウォーターモニター。
全長110cm程。
訳あって宅に居候している。
今月中旬くらいに、旅立つ予定だ。

DSCN2338.jpg

なんともインテリジェンスな顔立ち。
個人的には、可愛い顔ではないと思う・・・眼を横切る黒いバンドが、“悪い”印象を持たせる。

DSCN2349.jpg

DSCN2347.jpg

この子はとても人馴れしており、ケージを開けると寄って来る。

正直、うちの子にしたいのだが・・・

新しい飼い主さんの下で幸せになってくれ。

DSCN2354.jpg

カミンギィは、どんなに慣れていても、油断のならないモニターだと思っている。
だが、それを念頭に入れておけば、これほど素晴らしいペットモニターもなかなかいないだろう。

残り少ないカミンギィ同居生活、楽しまなければ。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Storm Of Stress
DSCN2302.jpg

“Ghoul(屍鬼)”。

DSCN2295.jpg

“Holy(神聖)”。

DSCN2315.jpg

“Luna(狂気)”。

DSCN2265.jpg

“Grudge(怨恨)”。



昨日静岡に行っただけだが・・・

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

Copyright @ TYPE=B All Right Reserved. Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。